スポンサーリンク

二重にしたいが目頭や目尻が定着しない原因と対策【アイプチやアイテープで目頭・目尻がまでない】

目(容姿)の悩み

どんな方でも容姿に対する何かしらのコンプレックスを持っているものですが、その中でも目に関して悩んでいる人の割合はとても多いです。

特に「一重まぶたで目が小さい」ことに対してつらいと感じる人はたくさんいるといえます。

そのため一重から二重にするための対策を取る(アイプチなど)方が多いわけですが、一部は二重になったものの「目頭や目尻が二重にならない」という悩みを抱えることがあります。

ただ適切な方法をとれば「目頭や目尻の二重が定着しない状態」から抜け出すことができ、ここでは目頭や目尻が二重にならない原因と対策について解説していきます。

スポンサーリンク

二重にしたいが目頭や目尻が定着しない原因と対策【アイプチやアイテープで目頭・目尻がまでない】

自力で一重から二重になるための対策を行ったり、アイプチによって一時的に二重まぶたにしたりする際に「目頭まで二重にならない」「二重の線が目尻までない」原因には複数挙げられ、以下で詳しく解説していきます。

 

顔の骨格的に目尻・目頭は二重になりにくい

まず目尻・目頭が二重にならない主な原因としては、そもそも顔の構造的な問題が挙げられます。

顔の骨格的に目頭付近・目尻付近では中央と比べてくぼんでいるため、どうしても「一重から二重にしにくい」場所なのです。

そのため、元が一重まぶたの人で自力で二重にしようとすると「目頭・目尻が二重にならない」ことがよくあります。

ただ目尻・目頭付近が二重にならないからといって落ち込む必要はなく、後に解説するような適切な二重になる方法をとれば高い確率で目尻・目頭の二重も定着させることができるので参考にしてみてください。

 

まぶたが厚めだと目頭・目尻だけ二重がなくなる

他にも「まぶたが厚い」人の場合だと、目頭・目尻だけ二重にならないこともよくあります。

そもそも上まぶたが厚い人の場合では、アイプチ・アイテープを使用しても基本的に一重から二重になりにくい傾向にあります。

このような状態の人では、二重まぶたになりやすい「まぶたの中央付近」は二重になったとしても、骨格的に二重になりにくい場所の「目頭・目尻だけが二重にならない・定着しない」場合があるわけです。

言い換えますと「骨格的な理由」と「まぶたの厚さ」が相まって、アイプチ・アイテープを使ったとしても目尻・目頭の二重が定着しない状態になる可能性があるのです。

 

二重の癖付けが弱いと目頭・目尻だけ二重がなくなる

さらには二重の癖付けが弱いと目頭・目尻の二重まぶたがなくなるケースが多くなります。

一重の人は基本的に二重の癖付が弱い(二重の線が薄い)ために「一重」になっているわけで、癖付けがきちんと出来ている人ほど二重まぶたになりやすくなるのです。

そのため元の線が薄い人がアイプチ・アイテープを使った場合には、構造的に二重になりにくい目尻・目頭が二重でなくなるといえます。

個人的にはこちらで記載のような爪楊枝、ヘアピンを用いた自力で二重にする方法だと目頭・目尻の二重の癖付けも行いやすく感じています。

爪楊枝やヘアピンで二重まぶたにするやり方・期間は?寝るときに固定して使ってもいいのか?斜視になる危険は?【自力で一重から二重にする】
どんな方でも容姿に対する何かしらのコンプレックスを持っているものですが、その中でも目に関して悩んでいる人の割合はとても多いです。 特に「一重まぶたで目が小さい」ことに対してつらいと感じる人はたくさんいるといえます。 そのため一重...

 

アイテープ・アイプチの使い方が悪い

最後に目頭・目尻の二重が定着しない理由として、アイテープ・アイプチ(以下写真など)の使い方が悪いことも挙げられます。

目頭、目尻付近では、近くに鼻があったり、顔の曲面が急になったりすることからアイプチ・アイテープにて二重にしにくいです。

特に個人的には一重だった歳、アイテープを使った場合には確かに「目頭付近」で上手に二重ができずにアイプチ(接着タイプ)の使用をすることになった経緯もあります。

 

つまり上手なアイプチ等の使い方をしないと目頭や目尻が二重にならなくなることもあるので以下のような対策を取るといいです。

 

目頭や目尻が二重にならない場合の対策【アイプチやアイテープで目頭・目尻がまでない】

目頭や目尻の二重にならない場合に定着させるには基本的に2つのアプローチを取るとよく、以下で詳しく解説していきます。

当サイトで解説しているような自力で一重から二重になるための対策を取る

目頭や目尻の二重が定着しない場合であっても、基本的には自力で一重から二重になるための各種対策を取っていきましょう。

これは上に記載のよう目頭・目尻だけが二重にならないのは結局のところ

・顔の構造的な問題
・一重から二重になるための条件を満たしていないこと(二重の癖付け・上まぶたの筋肉を鍛える・まぶたを薄くする)

といえ、変えられるのは後半の部分(自力で二重にすること)だけだからです。

多くの自力で二重になるための方法を当サイト内で記載していますが、いくつかピックアップしますと

・ナイトアイボーテ等の二重の癖付剤を夜に使う
・起きている時には二重矯正糸、爪楊枝、ヘアピンなどで癖付けをたくさん行う
・ダイエットを頑張ったり、顔のむくみを取る行動を心掛けたりする

などがおすすめです。

 

他にも詳細な方法を記載していますので、あなたのにあった方法を探してみてくださいね。

 

アイプチ・アイテープの使い方や製品をきちんと選ぶ

他にも目頭や目尻の二重にならない場合に定着させるには

・各アイプチ・アイテープの中からあなたにあったものを選ぶ
・適切にこれらを使用する

といいです。

特に目頭・目尻付近の二重の線がなくなる場合には、どちらかというと一重から二重になりにくい目の状態といえるため「より二重になりやすい製品」を選ぶといいです。

詳しくは別のページで記載していますが、私自身の経験や周囲を見る限り、アイテープではなく接着するアイプチを使用することがおすすめです。こちらの方がより強力に二重にできるためです。

 

後はアイプチ(接着系)を用いて

・あなたに適した量を探す
・上手な付け方(プッシャーにつかないようにする等)を見つける

と慣れることも大切です。この時目尻・目頭付近も上手に処理できるように訓練しましょう。

アイプチの付け方を工夫しても「どうしても目尻・目頭が二重にならない」のであれば、問題は「がんこな一重であること」であるため、先に記載の自力で一重から二重になる方法を継続して行うといいです。

 

まとめ アイプチやアイテープで二重にしたものの目頭・目尻の二重がなくなる場合の原因と対策

ここでは、二重にしたいが目頭や目尻が定着しない原因と対策について解説しました。

目尻や目頭の二重ができない原因は主に「骨格的な理由」「二重になりにくい状態の一重であること」「アイプチ・アイテープの選定や使い方が悪いこと」が挙げられます。

これを解決するには、「自力で二重になるための各方法を行う」「アイプチ・アイテープを適切なもの・やり方で使用する」といいです。

一度きりの人生を後悔なく過ごせるよう、あなたがなりたい・したいように積極的に行動していきましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました