自力で二重になりたい人必見!
↓↓二重コンサルを始めました↓↓
自力で二重にする方法

二重の線が薄いためくっきりさせる方法は?【一重でうっすら二重の線がついているものの二重になりそうでならない人へ】

どのような人であっても容姿に対する悩みを抱えてしまうものですが、中でも「目元が一重であること」にコンプレックスを持っている人はかなり多いといえます。

そのため自力や整形によって一重を二重に変えたいと感じる割合が高いです。

中でも一重だけれどうっすらと二重の線がついている人の場合「これを元に自力で二重になる方法を行えば二重線がくっきり変化してくるのでは?」と思うこともあるでしょう。

実は一重にて薄くでも二重線がついている人は、すでに自力で二重瞼にしやすい状態になっているといえます。そのためこの記事や当サイトに記載の自力で二重にする各方法を継続して実践することで二重を手に入れられる可能性が高いです。

ここではこの「一重だけど薄い二重線があるものの二重になりそうでならない人」がそうなる原因と、効率よく二重をくっきりさせ(二重の堀を深くし)本当に二重に自力でなるための方法について解説していきます。

 

※※↓本気で二重になる覚悟が決まった人以外は見ないように注意してください↓※※

夜寝ているだけで二重になりたいならこちらをクリック!

 

二重になりそうでならない理由は?【一重だが目の上に線(すじ)はついている】

一重の人で薄く二重線がついているのに二重になりそうでならない理由にはいくつか挙げられ、以下で詳しく解説していきます。

二重の癖付けが弱い【一重だが目の上に線はある】

二重の線はついているものの一重のままの方(以下イメージ)は「二重になるための条件」を満たしていないためそのような状態になります。

具体的には、一重が二重になるには

・二重の線がくっきりしている(きちんと癖付けできている)
・上まぶたの筋肉(眼輪筋)が発達している
・まぶたが薄い、むくみが少ない

などを満たしている必要があります。もちろん厳密に数値化できず、まぶたが若干厚くてもそれ以上に眼輪筋が発達していれば二重になることもあるため、傾向として上のようにあると理解しておくといいです。

一重の人で二重の線がうっすらとついているのであれば、「二重の線の癖付け」がある程度は進んでいると考えられます。

ただ、本当の二重になるにはもう少し、二重の線を深くする必要があるために、二重になりそうでならない状況になっているわけです。

もちろん上述のように二重線が薄くてもあれば、まったくない一重の人よりも二重になりやすいといえるため、以下の二重の線をくっきりさせる方法を参考にしてみてくださいね、

上瞼の筋肉の発達が弱い【二重線が薄い】

他にも一重で目の上に線があるものの二重になっりそうでならないのは、二重の条件の「上まぶたの筋肉が発達していない」ことが挙げられます。

筋肉が発達していないということは「上瞼を持ち上げる力が弱い」ことを意味しており、二重の癖付けがしっかりできていたとしても、まぶたを持ち上げられ方が少なくなり、薄い二重になりやすいのです。

 

まぶたが厚い、むくみが強い

また二重の癖付けが比較的されていたり、まぶたの筋肉が発達していたとしても、まぶたが厚かったり、むくみが「ひどかったりすると、一重の上に線があるだけの状態になります。

これはまぶたの脂肪によって、二重になるのを阻害しているような状況になっているために起こるのです。

現に二重瞼の人がたくさん泣いたり、寝すぎたりするとまぶたがむくみ、厚くなることで二重が一重になる人もよく見かけます。

二重の線をくっきりさせる方法【二重の線を深くする方法】

このように二重になりそうでならない理由にはいくつかあるわけですが、適切な対策をとれば二重線を深くでき、以下で詳細を確認していきます。

それでは一重から二重になりたいと思っており「現に二重線がうっすらついている」ものの、二重になりそうでならない原因について解説していきます。

二重の線を癖付けを頻繁に行う

二重の線をくっきりさせるには基本的に当サイトで紹介している「自力で二重にするための方法」を継続して行えばいいです。

特に二重の線の癖付けを意識的に行うと二重の堀を深くできやすいと個人的に感じています。

具体的には

・寝るとき用の二重の癖付け剤のナイトアイボーテ等を使う
・日中一人でいるときは、つまようじ、二重矯正糸など自分で二重の溝を深くする
・アイプチなどに抵抗がない人は、外出時もアイプチ等で癖づけする

などを行うといいです。

人によってまぶたの形状や状態に個人差があるため、一概にはいえませんが、私の場合では思重い一重であったにも関わらず上のような対策をできる限り行ったところ1~2か月ほどである程度二重がくっりきしていきました。

半年も継続することで、二重がほぼ定着したため、元から二重の線が薄くでもついている人はさらに短き機関で自力で二重になれる可能性が高いですね。

瞼の筋肉を鍛えることで、二重の堀を深くできる

他にも、上まぶたの筋肉を発達させる行動も併せて行うといいです。

具体的には、

・目をぱちぱちさせる(強くまばたきする)

・上目遣いにしつつ、二重にする

・目をぎゅっとつぶって一気に開く

などを行っていきましょう。

これらの回数や頻度も厳密な規定はないものの、私の場合では周りに人がいない状況で暇さえあれば、ずっと行っていましたね。

上の二重の癖付けと併せて行うことで、二重の線が徐々にくっきりしてくるのを徐々に実感できると思います。

ただ、朝起きてむくみが強いときや、目や瞼の疲れがたまっている場合に、上のような個づ王をするとストレスがたまり長い目で見た時に継続できなくなってしまうため、適宜休憩も入れるといいです。

痩せると二重の線はくっきりする

二重の堀を深くさせるのに効果が高い方法として「まぶたの脂肪を減らす」「むくみを取る」といいです。

具体的に瞼の脂肪を減らすのであれば、痩せるのが最も効果が高いと実感しています。痩せてまぶたの脂肪を落とせると、かなり二重の線がくっきりする可能性が高くなるので、上と併せて行っていきましょう。

具体的な目安値はないものの、やせすぎにならない程度に体重を落とすことが、二重の堀を深くするという観点からはおすすめです。

二重が完全に定着した今でも体重がかなり増えると、二重の線が薄めになったり、くっきりさが若干減るので、痩せるのも間違いなく効果が高いですね。

 

 

なお、できる限り

・精神的な負担が少なく
・できる限り短時間で

自力二重を手に入れたいのであれば、夜用アイプチも使用することがおすすめです。

上述のように昼間に自力で二重になるための各対策をとれば自力で二重になるための癖付けができますが、夜寝ている間にはできません。

しかしながら「寝ている間に皮膚は修復されやすい(成長ホルモンは夜に多く分泌)」こともあり、せっかく癖付けしたとしても夜中にその癖が戻りやすいです。

そのため、夜寝ている間も夜用アイプチなどで二重の癖付けをキープすることで「自力で二重にする速度を大幅に上げる」ことができるわけです。

なお夜用アイプチにて信頼・実績ある製品は限られており、以下リンクにて詳しく解説していますので参考にしてみてください。

 

※※↓本気で二重になる覚悟が決まった人以外は見ないように注意してください↓※※

 

夜寝ているだけで二重になりたいならこちらをクリック!