スポンサーリンク

二重矯正糸は効果あり?二重矯正糸のやり方のコツや時間について解説【目が悪くなるや失明などの危険がある?】

どんな方でも容姿に対する何かしらのコンプレックスを持っているものですが、その中でも目に関して悩んでいる人の割合はとても多いです。

特に「一重まぶたで目が小さい」ことに対してつらいと感じる人はたくさんいるといえます。

ただ「一重まぶたは適切な方法を継続して行えば自力で誰でも二重まぶた」にできます。プロフィールにも記載していますが「私自身が重い一重だったにも関わらず自力で二重にでき、完全に定着させた」経験や私の周囲の実践者からもいえることです。

中でも自力で二重になる方法として「二重矯正糸」をよく耳にしますがこれは本当に効果があるのでしょうか。

ここでは私自身も実際に行った方法である二重矯正糸に関する「二重矯正糸で本当に一重から二重になる効果があるか」「二重矯正糸のやり方や時間、効果が出るまでの期間はどのくらいか」「寝る時(夜)につけてもいいか」「目が悪くなる、失明するなどの危険性はないか」について解説していきます。

スポンサーリンク

二重矯正糸の効果が出るやり方は?

まず二重矯正糸とは以下のような刺繍糸やタコ糸などの両端に輪ゴムがついたものを指します。

この輪ゴム部分を耳にひっかけ、この刺繍糸やタコ糸が丁度まぶたの位置に来るように作り、この糸で上まぶたを抑えることにより「二重の癖づけ」を行い、自力で二重にできる道具が、この二重矯正糸といえます。

このような二重矯正糸ですが以下で解説するようなやり方や期間等を守って、継続して二重の癖付けを行っていけば、基本的に誰でも自力で一重(奥二重)から二重にすることが可能(効果あり)です。

これは二重矯正糸に限ったことでなく、当サイトに記載しているような自力で二重にするための方法をきちんと継続しさえしていれば同様にできることです。二重矯正糸だけでなく複数のあなたに合った方法を実践した方がより効率よく二重まぶたを手に入れられるでしょう。

話を戻しまして上の二重矯正糸のやり方ですが非常にシンプルであり、輪ゴムを耳にかけた後にあなたが二重のラインを形成したい場所に刺繍糸を配置させ、二重の癖づけを行うだけです。

他の記事では、つまようじやヘアピンなどで二重の癖づけ方法について記載していますが、これを糸で行っているのが二重矯正糸のやり方といえます。

二重矯正糸の作り方から解説!【輪ゴム部分も】

二重矯正糸をつける時間はいつがいい?【1日中(長時間)つけてもいいのか】

二重矯正糸は夜に寝る時はつけない方がいい

二重矯正糸では期間はどの程度やると効果が出るか?

二重矯正糸で目が悪くなる、失明、斜視になるなどの危険性はあるか?

二重矯正糸は刺繍糸がいい?タコ糸以外では輪ゴムでもいいのか?

二重矯正糸は奥二重でも効果はあるか?一重以外

二重矯正糸で痛いと感じた場合の対処方法は?

二重矯正糸で目頭の二重が上手く作れない場合の対策

コメント

タイトルとURLをコピーしました