スポンサーリンク

一重でも目をパチパチさせると二重になる?上目遣いや目を見開くことで二重になるか?【高速瞬きなどの効果】

自力で一重を二重にする方法

どんな方でも容姿に対する何かしらのコンプレックスを持っているものですが、その中でも目に関して悩んでいる人の割合はとても多いです。

特に「一重まぶたで目が小さい」ことに対してつらいと感じる人はたくさんいるといえます。

ただ「一重まぶたは適切な方法を継続して行えば自力で誰でも二重まぶた」にできます。プロフィールにも記載していますが「私自身が重い一重だったにも関わらず自力で二重にでき、完全に定着させた」経験や私の周囲の実践者からもいえることです。

中でも自力で二重にするための方法の一つとして「目をパチパチと大きく瞬きする」「上目遣いデで瞬きする」「目を見開く」などの方法があり、ここではこれらの効果ややり方について解説していきます。

 

※※↓本気で二重になる覚悟が決まった人以外は見ないように注意してください↓※※

 

夜寝ているだけで二重になりたいならこちらをクリック!

 

 

スポンサーリンク

目をぱちぱち(強く瞬き)・上目遣いすると二重になる理由【一重が二重に見える】

それでは「目をぱちぱちさせたり(高速瞬き)、上目遣いしたり、まぶたに力を入れる」と二重にみえる(一時的な二重になる)理由について確認していきます。

この理由を理解するにあたり、まずは二重と一重の目の構造の違いを覚えておくといいです。

一重と二重の主な差としては

・二重の癖がしっかりついているかどうか
・上まぶたを引き上げる筋肉が発達しているかどうか
・瞼の薄さ

が挙げられます。

具体的には二重の線がついている部分が「溝」となり二重まぶたになるのですが、この時上まぶたの筋肉によって内側から強く引っ張られる必要があります。

以下のようなイメージです。

この時「まぶたが薄い」と二重の溝も比較的容易に形成でき、かつ筋肉もそこまで鍛えられていなくても上のような状態になりやすいわけです。

このような理由から、二重になるには上の3つの項目「二重の癖づけがしっかりしていること」「筋肉が鍛えられていること」「瞼が薄いこと」を抑えておく必要が出てくるのです。

 

話を元に戻し「目をぱちぱちする」「目を見開く」などをすると二重になる理由を説明していきます。

実はこの目をぱちぱちさせたり上目遣いしたりする行為は、簡単にいうと「一時的に二重になりやすく、かつその筋肉も強く働く状態になる」ために実際に二重まぶたになることがあるのです。

上目遣いだと特にわかりやすいですが、上を見ることで上まぶた付近が若干くぼむことから、そのあたりに二重の線がつきやすくなるのがイメージできるでしょう。

また誰でも強くまばたき等をしたから二重になるわけではなく、上に記載のように二重になるためのポイントに近い状態になっているものの「あと一歩で二重になれていない一重の人」の場合のみ一時的にでも二重になれるといえます。

言い換えますと「強く瞬きすることで二重にできる人」は、自力で二重にするための適切な行動をとれば比較的容易に本当の二重まぶたを手に入れられるのです。

 

まぶたに力をいれる(目を見開く)・上目遣い・目をぱちぱちさせ二重を定着させる方法

上述のよう目を見開く・ぱちぱちさせるなどによって一時的に二重になる人は「単純にそれを繰り返す」ことによって、二重を定着させることができます。

これは上の行動を継続して行うことで

・二重になるための筋肉の枝分かれ状態を作れる
・二重の筋肉を鍛えられる
・まぶたの脂肪を落とす効果も期待できる(まぶたを薄くできる)

ためです。

そのため一重から自力で二重になりたい人は、とにかく暇があれば上の方法(目をぱちぱちする、上目遣いをする等)で二重になる回数、時間を増やすといいです。

特に上の3項目の中であればその難易度は

・上目遣いで一重から二重にする
・目をぱちぱちさせて二重にする(強い瞬き)
・目を見開いて二重にする(まぶたに力を入れる)

の順に難しくなるように感じます。

そのため「どれか一つの方法を試してみたい」と感じた人は、まずは上目遣いで一時的に二重まぶたにすることを繰り返していきましょう。徐々に二重が定着していくことを実感できるはずです。

 

上目遣いや瞬きで二重を定着させる時の注意点

上目遣い、目を見開くなどで一重を二重にする際の注意点としては、おでこにシワがよらないようにしましょう

おでこにしわを寄せて二重にするのは「まぶたがより窪むやめ、より二重の折り込みができやすくなる(枝わかれしやすくなる)」といえます。ただ、これで慣れるしまうと逆に「おでこにしわを寄せないと二重になりにくい」状態に陥る可能性もあるのです。

これでは自然な二重になりにくく、常に二重になるための表情をキープする必要が出てくるため、避けるといいです。同時に眼輪筋を鍛える効率も下がり、二重とは本質的には関係がない「おでこの筋肉ばかりを鍛えてしまう」ことからもこの注意点は守りましょう。

なおおでこにしわがよらないようにするには、「まゆげの位置をできる限り動かさないで一時的に二重にする」ことを意識するのが大切ですね。

また、上の方法のやりすぎによってまぶたや精神状態が疲れてきたらきちんと休憩をいれるのも重要です。

ダイエットや筋トレなどと同じで自力で二重にするには基本的に「月単位での努力」が必要になるためです。あまりにも短期間に意気込みすぎて「二重にならない」と思うと落ち込んでしまい、長続きできない可能性が高くなるので、あくまで無理しない範囲で二重を手に入れるのを楽しみにしつつチャレンジしていくといいです。

併せて他の自力で一重から二重にする方法を行う

上の方法も自力で二重まぶたになるのに効果がある方法といえますが、併せて当サイトで記載している「別のより効果の高い自分で二重になる方法」も取り入れるといいです。

多くある方法からピックアップしますと

・二重矯正糸やつまようじ、ヘアピンなどで可能な限り二重の癖付けを行う
・(抵抗がない方は)外出時もアイプチやアイテープを用い二重にしておく(癖がつく)
・夜はナイトアイボーテなどの二重の癖付け剤を使う
・ダイエットしたり、マッサージしたりし瞼をできるだけ薄くする

などもおすすめです。

もちろんこれらすべてを行う必要はなく、あなたが「やったらうまくいきそう」とピンときたものを選んで、チャレンジしてみてくださいね。

継続して行うことできっと理想の手に入れられるはずです。

 

まとめ 上目遣いで一重が二重になるのを定着させる方法【瞬きなども】

ここでは、上目遣い・目を見開くなどによって二重になる理由ややり方・注意点について解説しました。

これらの方法で二重になるのは「二重まぶたになるための目の条件」を効率よく満たしていけることが理由であり、上目遣いや目をぱちぱちすることを継続して繰り返すことによって徐々に自力で二重になれます。

この時、別の一重から二重になるための方法も併せて行うといいです。

一度きりの人生ですので、本気でさまざまなことに取り組み、さらに充実した人生に変化させていきましょう。

 

 

 

なお、できる限り

・精神的な負担が少なく
・できる限り短時間で

自力二重を手に入れたいのであれば、夜用アイプチも使用することがおすすめです。

上述のように昼間に自力で二重になるための各対策をとれば自力で二重になるための癖付けができますが、夜寝ている間にはできません。

しかしながら「寝ている間に皮膚は修復されやすい(成長ホルモンは夜に多く分泌)」こともあり、せっかく癖付けしたとしても夜中にその癖が戻りやすいです。

そのため、夜寝ている間も夜用アイプチなどで二重の癖付けをキープすることで「自力で二重にする速度を大幅に上げる」ことができるわけです。

なお夜用アイプチにて信頼・実績ある製品は限られており、以下リンクにて詳しく解説していますので参考にしてみてください。

 

※※↓本気で二重になる覚悟が決まった人以外は見ないように注意してください↓※※

 

夜寝ているだけで二重になりたいならこちらをクリック!

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました