スポンサーリンク

目をこすると二重になる理由とその二重を定着させる方法

自力で一重を二重にする方法

「目をこすると二重になる」という人の中でも、「この二重が定着したら嬉しいな」と感じる人は意外と多いです。

ただ、実際のところこの目を擦ると二重まぶたになる方の場合は適切な対処方法をとれば、比較的容易に自力でその二重を定着させることができます。つまり二重まぶたになれるのです。

ここではこの「目をこすると二重になる理由」「擦って二重になった状態を定着させる方法」について解説していきます。

スポンサーリンク

目をこすると二重になる理由は?

それではまず目をこすると二重になることの原因について確認していきます。

そもそも「目を擦ると二重になる人」と「目を擦っても二重にならない人」もしくは「目をこすっても二重になる時もあればならない時もある人」に分類できるといえます。

この中で目をこすると二重になる人がそのような状況になる理由としては、元から二重になりやすい目の状態の人が、「目を擦るという外部刺激を与えること」をきっかけとして二重まぶたになっている」といえます。

もう少しこのことについて掘り下げて考えていきましょう。

「目をこする」ことによって一時的に上瞼に「二重になりやすくするためのライン(線)を引いている」のと似たような状況になります。「つまようじや二重矯正糸によって二重の溝を作ろうとすること」をイメージするといいです。

ただ、どのような方であっても「目をこすると二重になる」わけではありません。元から二重になりやすい目の状態である必要があるわけです。

具体的には

・まぶたが比較的薄い
・上瞼の筋肉が発達している
・うっすらと二重の線がある

などを満たしていると擦ると目が二重になりやすい傾向にありますね。

このような理由から「目をこすると二重になる人」は自力で二重を定着させやすく、以下で実際に二重まぶたを効率よく定着させる方法について確認していきます。

また、こすっても目が二重にならない人であっても適切な対処方法を取ることによって「一重から二重に自力でできる」と私自身の経験からもいえますので(二重と一重は筋肉等の構造上の違いだけで、これはトレーニングで変化させられるため)、是非当サイトの各記事を参考にしてみてください。

目をこすって二重になった状態を定着させる方法

続いて「目をこすると二重になる人」がその状態を定着させる方法についても確認していきます。

目をこすると二重まぶたになる人は上に記載のよう、基本的にかなり完全な二重になりやすく、当サイトで記載しているような自力で二重になるための方法を複数取り入れていくといいです。

具体的には

・痩せてまぶたの脂肪を落とす
・日中人と合う際にはアイプチやアイテープを使って癖づけする
・昼間で自宅にいる際は、つまようじや二重矯正糸、ヘアピンなどでの癖づけを心がける
・夜はナイトアイボーテなどの二重の癖つけ剤を付けておく
・これらを二重が定着するまで継続する

などの流れで行うといいです。

注意点としては「強く目をこすることで二重にすることを繰り返すこと」は避けておいた方が無難です

これは目をこすり続けていると

・眼球への圧迫にもつながる
・目の表面を傷つけるリスクがある
・こすることで逆にまぶたが伸び、二重になりにくくなる可能性がある
・上まぶたの筋繊維を切断してしまい、眼輪筋が弱くなる(これも二重になりにくくなる)

ことがあるためです。

そのため上のような「負担がかかりにくい自力で二重にする方法」を実践していきましょう。

プロフィール等でも記載の通り、私自身もこれらを継続して行うことで半年もした頃には厚めの一重がほぼ二重になっていた経験からもいえます。

特に目をこすると二重になる人は上述のよう「自力で二重になりやすい」ので自力で二重になるようあきらめずにチャレンジしてみてくださいね。

まとめ 目をこすると二重になる理由とその二重を定着させる方法

ここでは、目をこすると二重になる理由とその二重を定着させる方法について解説しました。

何度もいっているよう「目を擦ると二重になる人」は一重から完全な二重になれる可能性がかなり高い人です。そのため諦めることなく適切な対処方法を継続できれば、理想の自力二重を手に入れていけます。

一度きりの人生ですのであなたが後悔することがないよう積極的に行動し、もっと楽しい人生に変化させていきましょう。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました