スポンサーリンク

一重でつらい(嫌)と感じてしまう原因(一重コンプレックスはなぜ)と対処方法【一重で生きていくか?】

どんな方でも容姿に対する何かしらのコンプレックスを持っているものですが、その中でも目に関して悩んでいる人の割合はとても多いです。

特に「一重まぶたで目が小さい」ことに対してつらすぎる、などと強いネガティブな感情を持つ人も少なからずいます。

ただこの「一重でつらい」「一重が嫌」と感じる気持ちは適切な対処方法をとれば必ず解決するものです。これは私自身が非常に悩んでいた過去があり、それを実際に克服したことから断言できます。

ここでは、一重まぶたでつらい・嫌と感じる理由と対処方法について解説していきます。

スポンサーリンク

一重が嫌、一重まぶたがつらいと感じてしまう原因は?【一重がコンプレックスなのはなぜ】

一重まぶたがつらい・嫌と思ってしまう理由には複数のものが挙げられ、以下で詳細を確認していきます。

メディアが必要以上に二重まぶたのことを持ち上げている

一重まぶたがつらい、いやと感じる大きな原因として「あなたの中で一重まぶたの方が二重瞼よりも魅力的でない」と深い部分で思っていることが挙げられます。

このような状況になる理由としてはネット情報やテレビなどで必要以上に「二重の方が一重よりもかわいい、かっこいい」というすりこみを行っていることが大きいといえます。

どんな人であってもある情報が間違っている、正しいにかかわらず、情報を多く浴びることによって蒸し器のうちに洗脳されていくことが科学的にわかっています。

つまりネット等を通して二重まぶたの方が良いという認識が広まっている現在では、多くの人の認識も「二重の方が優れている。二重になりたい」と思ってしまうものなのです。

このような世の中の流れとして二重の方が良いという情報にあふれていることがあなたが「一重が嫌でつらい」と感じる原因の一つといえます。

二重の方が万人受けするため多くの人からモテやすくなる

なおメディアが二重のことを持ち上げていることだけでなく、実際に目が二重まぶたの方が

・目の開きがよくなり、大きく見える

・顔のバランスが整いやすい

・まつげが上がるためにぱっちりとした印象を与える

などの傾向にあります。

もちろん一重まぶたであっても美人、可愛い子、かっこいい人もいますし、二重であっても可愛くない、かっこ悪い方もいるものですが、割合として二重の方が上を満たしやすくなるのも事実です。

特に科学的なデータとして人は本能的に「眼が大きい」「黒目がよく見え、より開いている」人に対して魅力を感じることがわかっています。そのため、これを満たしやすくなる二重瞼の方が確かに魅力的に見え、モテやすくなる傾向にあるわけです。

また顔のバランスとしても、黄金比などと呼ばれるものがあり、これに近づくほど人に好かれやすい傾向となり、二重の方がこれを満たしやすくなります。

このような理由から一重まぶたの人は二重の人と比較することによって、一重のことが嫌、つらいと感じる傾向にあるといえます。

一重まぶたがつらくて嫌だと感じる場合の対処方法

このように「二重の方が実施にモテやすい顔に近づく」「メディアが二重の方がいいと煽る」などの理由から、一重の人はそれが嫌と感じることもあるでしょう。

一重に対するコンプレックスから抜け出す方法には複数の対処方法が挙げられ、以下で詳しく確認していきます。

マインドを鍛える、言葉にする(アファーメーションをする)

一重に対して嫌という気持ちをかけてしまう場合は、あなたのマインドを変化させる方法も有効的です。

つまり一重まぶたのあなたのことを好きになればいいわけです。

「そうはいっても二重の方が可愛い(かっこいい)し・・」と思っていてもこのマインドを変えることは可能です。

この時効率よくこのマインドに変化させるためには言葉を変える、あなたの望みを言葉にするのがおすすめです。

具体的には

・私は本当に可愛い子(かっこいい人)
・二重でも一重でもどっちでも素敵
・他人と比べない、自分は自分
・私は私の容姿が大好きで、どんどん魅力的になっています

などと何度も何度も繰り返し言葉にするといいです。繰り返すことによって自然と自己洗脳が進み、本当に言葉にした通りの自分になりやすくなります。

このとき~ようにという表現ではなく、~ですという言いきりの形(現在系)や~しつつありますという進行形の表現を取るようにしましょう。

これは潜在意識とよばれるあなたの深い部分との関係が強く(現実化に大きく関わる意識)、~ようというと~できていない自分にフォーカスしてしまい逆効果であるためです。

もちろん、どうしても自分を好きになれない時はその気持ちを素直に吐き出しリセットすることも大切なので、無理しない範囲で行いつつ、よりあなた自身のことを好きになっていきましょう。

他に熱中できることを見つける

他には、そもそも容姿について気にする必要がなくなるほどの別に夢中になれることを見つけるといいです。

具体的には

・好きな趣味や部活、サークル活動などに打ち込む
・今のあなたのありのままが好きな彼氏を見つける
・勉強や仕事などに集中する

などから、あなたがしてみたいと感じることを行うといいです。

あなたが本当にしたいことができていると、あなた自身の容姿が気にならなくなるだけでなく、もっと好きになれる状態となるともいえます。

一重から二重にする

なお上のような方法を試してみても「どうしても一重が嫌で二重になりたい」と感じているのであれば、実際に二重まぶたにするといいです。

二重にする方法として整形、自力がありますが、私自身の経験からはまずは自力で二重を手に入れる方をおすすめします。

これは上述のよう私自身の経験や周囲の人も比較的多くの割合で自力で二重を手に入れていたことからいえることです。

具体的な自力で一重から二重にする方法についてはこのサイトにて多くの方法を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

なお、整形に対するハードルが日本でも下がっていることから整形で、二重にするという選択をする人が増えていますが、

・コストがかかること(最近ではやすいものも増えていますが)
・プチ整形(いわゆる埋没法)であっても、医療的な危険性が潜んでいること
・思った通りの二重にならず、何度もやり直す必要が出てくること(自力であればあなたの好みで対応できる)
・維持コストもかかるリスクがある
・二重の傷が大きく残る可能性もある

などのデメリットもあることを理解してから行うといいです。

二重になれば当然ですが「一重でつらい」と感じていた気持ちがなくなります。そのため、どうしても一重まぶたが嫌だと感じているのであれば、二重にするチャレンジをしてみましょう。

私と同様継続して行えばにきっとうまくはずです。

まとめ 一重コンプレックスが強いのはなぜ?一重でつらい、嫌と感じる原因と対処方法

ここでは一重まぶたでつらい・嫌と感じる理由と対処方法について解説しました。

一重に対するコンプレックスを抱えてしまう原因にはさまざまなものがありますが、適切な方法をとれば必ずこの悩みを解決・軽くすることが可能です。

具体的には

・マインドを鍛えつつ、言葉を変える
・容姿のことを考えないほど打ち込めることを行う
・一重を二重にする(自力、整形)

が挙げられます。

一度きりの人生ですので本気でさまざまなことに取り組み、さらに充実した人生に変化させていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました