自力で二重になりたい人必見!
↓↓二重コンサルを始めました↓↓
二重や一重への意見

二重だとなぜ可愛いのか?二重まぶただとなぜ目が大きく見えるのか?【理由を解説】

どのような人であっても容姿に対する悩みを抱えてしまうものですが、中でも「目元が一重であること」にコンプレックスを持っている人はかなり多いといえます。

つまり「一重まぶたよりも二重まぶたの方が可愛い」と思っている割合が高いといえるわけです。

それではなぜ二重になると目が大きくなったり、可愛く(かっこよく)なったりするのでしょうか。

ここではこの「二重だと目が大きく見える」「可愛くなる」理由について解説していきます。

二重だとなぜ目が大きくなるのか【理由を解説】

それではまず「二重瞼だとなぜ目が大きく見えるのか」という疑問について詳しく確認していきます。

目と認識できる範囲が広がる

二重まぶたの人が一重まうたの人よりも目が大きく見えやすい理由の一つとして「二重では目と認識できる部分の範囲が大きくなる」ことが挙げられます。

これは当たり前のことともいえますが、二重の溝は一重の上に必ずできるために以下の比較図のようにその面積が増大していることがわかるでしょう。

二重の方が眼を開ける筋肉が鍛えられている

また二重と一重の構造的な違いの一つとして「二重の人の方が上瞼の筋肉が発達していること」が挙げられます。つまり二重まぶたの人の方が傾向として「眼をしっかりと見開くことができる」といえるのです。

目を開く力が強いと、黒目の部分が見える割合が高くなります。黒目が見える割合が増えると「眼が大きい」と認識することが科学的にわかっていること(ちなみに黒目の大きさは人間はほぼ同じ)からも、二重まぶたの方が「目が大きくみえやすい」と説明できるわけです。

もちろん一重でも筋肉が発達しており、目が大きくみえる人もいますが、上のような傾向がつ用意ことを理解しておくといいです。

まつげの生え際が見えやすい

二重まぶたでは「二重の溝があり、かつ強い眼輪筋で内側から引っ張られている」とイメージするとよく、まぶたの裏側がみえやすい(生え際がみえやすい)状態になっています。

まつげの色が黒色であることからも生え際が見えると「目の輪郭がはっきりし大きく見えやすくなる」といえます。一重の場合では、基本的にまつげの生え際が見えないことからも、二重まぶたの方が眼が大きくみえやすいのです。

また二重の方が「まつげ自体も上に向きやすくなる」こともメリットといえるでしょう。

このような複数の理由によって二重まぶたの方が目が大きく見えやすい傾向にあります。

二重だとなぜ可愛いのか?

続いて「二重まぶただとなぜ可愛くなりやすいのか」という疑問に対する答えとしては複数のものが挙げられ、以下で解説していきます。

目元が大きく見え、顔全体のバランスが整いやすい

上にて二重の方が目が大きく見えやすい理由について記載しましたが、これによって顔全体のバランスが整いやすくなることが「二重だと可愛くみえやすい」理由の一つといえます。

基本的に日本人は西洋人等と比較して「目が小さい」「堀が浅い」傾向にあるため、目が小さくなる傾向の一重まぶたではこの傾向が強くなります。

ここで二重まぶたになると目が大きくみえやすいこともあり、顔全体の中を占める目の割合が「丁度いい」と感じる人が多い状態となるわけです。

もちろん一重でもバランスが整った美人もいますし、二重でもバランスがそれほど良くない方もいますが、傾向として上のようになります。

日本の風潮として二重の方が可愛いという流れがある

また「二重の方が可愛い」と感じる人は多い理由としては、日本における多くのメディアで「フ与えの方が可愛い」「二重になる方法」を解説していることも大きいです。

人間は基本的に「よく目にする」「よく聞く」情報ほど本当の情報と理解する傾向にあります。

音楽などでもよく聞くものであり、それが不快に感じるものでなければ、心理学的(データ的に)に好意を持ちやすいものなのです。

つまり日本の風潮として「二重の方が可愛い」という流れがあることから、傾向として「二重の方が可愛い」と思いやすいといえます。

このような擦りこみの影響があることが「二重が可愛い」と感じる理由の一つです。

目力に魅力を感じる人が多いこと

また上の擦りこみの影響もあるかもしれませんが、全般的に目力がある人に魅力を感じやすいといえます。

「目力がある≒二重であること」ではないですが、パッと見の印象としてこれが当てはまりやすい傾向にあります。

そのため、現在の風潮としては二重の方が第一印象としてよく感じやすいことから、二重の方が可愛い(かっこいい)と言う流れになっているのです。

特に男性の方が基本的に女性よりも目が小さいことから、ないものねだりではないですが女性に対して「目が大きい≒二重であること」を望む人が多いです。

このようなさまざまな理由が重なることによって、二重まぶたの方がいいと感じる割合が高いといえるわけです。

まとめ 二重だとなぜ目が大きくなる?二重だとなぜ可愛いのか?

ここでは、二重まぶただと目が大きく見えやすい理由と、二重だとかわいいと感じる人が多い理由について解説しました。

二重だと目が大きくなる理由としては

・目と認識できる範囲が広がること
・まぶたを上げる筋肉が発達しているため、黒目が多く見える傾向にあること
・まつげの生え際が見えたり、まつげが上を向いたりすること

が挙げられます。

一方で二重を可愛いと感じる人が多い理由は

・目が大きくみえることにより顔全体のバランスが整う傾向にあること
・日本において「二重の方が可愛い」という風潮があること
・目力がある人に魅力を感じやすいこと

があるといえます。

ただこれはあくまで全体的な流れであり、あなた自身の好みを通すことを強くおすすめします。

自分の一重が好きであれば一重にし、二重にしたいと感じるのであれば二重にするのもいいでしょう。

私自身は一重であることにコンプレックスを強く感じていたため自力で二重にするという選択をとり、継続して行動することで実際に二重になれました。

そのため私と同じように「一重から二重に自力でなりたい」と感じ、その方法を知りたいと思っている人には当サイトはきっと役立てると思いますので、興味がある記事を読んでみてくださいね。

一度きりの人生ですので、悔いのないよう積極的に行動していきましょう。