スポンサーリンク

二重の上に変な線(三重まぶた)ができる場合の対策はアイプチ?二重まぶたの下(真ん中)に変な線ができる時の対処方法と併せて解説!【一重】

現在では男女問わず「二重瞼になりたい」と思う人が多いですよね。

ただ、アイプチや自力での努力によって二重まぶたになれたとしても、目元周りのトラブルはよく起こります。

例えば「二重の上に変な線がついてしまった」「二重の下(真ん中)あたりに変な線が出てきている」ケースは意外とありますが、このような場合ではどう対応していけばいいのでしょうか。

ここでは、これら二重の上や下(真ん中)に変な線が出てきた場合の対策(アイプチ糖の採用)について解説していきますので、参考にしてみてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

二重の上に変な線(三重まぶた)ができる場合の対策はアイプチ?原因も解説!

それでは以下で二重の上に変な線(三重)ができる場合の原因と対策について確認していきます。

二重の上の変な線(三重まぶた)とは以下のようなもので、これができる原因と対策は複数挙げられ、以下で桑行く見ていきましょう。

 

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11232017196より引用

 

しっかりと休む

二重の上に変な線が出来る原因としては、単純に「疲れ」による目元のくぼみ・脂肪の減少が挙げられます。

一重の人であっても、かなりの疲れがあり目の上がくぼんだ状態では、二重のような変な線ができることがあります。

 

このような現象が「元から二重の人」に対しても起こった時に、上のような二重の上の変な線(いわゆる三重まぶた)が出てくるわけです。

一時的にこの変な線が出来たとしても、この疲れが原因の場合ではあれば、基本的には適切に睡眠を取れば治る場合が多いです。

なお、睡眠に入る前にも以下のようなグッズで目を温めたり、リラックスしたりするとより変な線が回復しやすくなるため、ぜひ試してみてください。

 

 

また、自力で早く二重になりたいからといって、無理なダイエットを行っていて栄養不足・睡眠不足のような場合では、慢性的に目の上に変な線ができやすいので注意しましょう。

当たり前ですが何事もバランスが大事なのです。

 

 

アイプチやつまようじなどで二重の溝を強化する

なお二重の上に変な線が出るもう一つの大きな原因としては、二重の溝を浅い・弱いことがが挙げられます。

二重のラインが弱く・薄くなりかけている時には、うまく二重の溝が形成されていないために他の近い位置にて別の線がつきやすい状態になっているといえます。

 

二重の溝がくっきりついていればそこでしっかり折り込まれるため、他の位置では線がつきにくいイメージがわかることでしょう。

 

そしてこのように二重の線の薄さが原因で上に変な線が形成されるような場合であれば、

・アイプチを使う
・当サイトで紹介している自力で二重にするための方法(二重をくっきりさせる方法)

を実践するのがおすすめです。

 

元から二重の人であれば、比較的容易に二重の溝をくっきりさせることができ、二重の上にできる変な線が高確率で解消されると思います。

 

自力で二重にするための方法はこちらでまとめていますので、参考にしてみてください。

 

 

二重の下(真ん中)に変な線がある場合の原因と対策【二重まぶた】

続いて、二重瞼の下(真ん中)に変な線ができる原因とその直し方についても見ていきましょう。

こちらの二重の下の変な線とは以下のようなものです。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12180633102より引用

もともとこの位置で奥二重や二重になっていた線のことが多いです。

この上からアイプチの使用たり、時間の経過で自然に二重の幅が広がったりした時に、この「変な線」として残りやすいのです。

 

この今の二重まぶたのラインの下(真ん中)に線ができる場合の対応策としては

・現在の二重のラインをよりくっきり・深くさせる

・現在の二重のラインを少し狭くし、変な線に少し近づける

といいです。

 

まず上の方法としては、先にも述べたようにアイプチを使ったり、当サイトの記載の自力で二重になる・くっきりさせたりする(例えば、つまようじやヘアピンの使用での癖付けなど)ための方法を行うのがおすすめです。

 

今の二重のラインがくっきりすれば、まぶたの皮膚もより引っ張られるため、元の位置の二重のライン(変な線に見えるもの)が伸ばされ消えやすくなるわけです。

 

一方で下の方法としては、今の二重の溝自体の位置を変え、変な線に近づけることによって、変な線の周りの皮膚を伸ばしやすくする手法といえます。

 

ただこの方法では、二重の真ん中の線は消えるものの、二重のラインの変化から容姿もある程度変わるリスクがあります

 

そのため、今の二重のラインが気に入っているのであれば、この方法は避け、二重をくっきりさせるための方法で変な線を消そうとするのがいいですね。

 

二重の線が狭くなっても変な線を消したい時にお勧めできる方方法が上の方法となります。

 

まとめ 二重まぶたの下(真ん中)に変な線ができる時の対象方と併せて解説!【一重】

ここでは、二重の上に変な線(三重まぶた)ができる場合の対策はアイプチ?二重まぶたの下(真ん中)に変な線ができる時の対処方法と併せて解説しました。

二重の上と下ではその線ができる原因が異なるので注意するといいです。各々原因に応じた適切な対策をとれば、必ずまぶた周りの変な線を消せるので焦らずにチャレンジすることが大切です。

一度きりの人生なので、あなたのなりたいあなたになり、日々の生活をもっと充実させていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました