スポンサーリンク

瞬間接着剤で二重にするのはありなのか?【アロンアルファなどで一重を二重に】

自力で一重を二重にする方法

「二重にどうしてもなりたい」「二重まぶたの方が可愛い、かっこいい」と二重にあこがれる人は多いものです。

そのためいまでは整形をしたり、自力で一重から二重にしたりするための情報がたくさん世の中に出ているように感じますね。

もちろん「これをすれば確かに二重まぶたになるだろう」と感じるものもあれば、逆に「この方法では二重に絶対ならないどころか、傷が残ってしまう」といった情報もあり、適切に取捨選択する必要があります。

中でもアロンアルファなどの瞬間接着剤で二重にする」というものを見かけましたが、この方法では多くの危険性があるといえ、以下で詳しく解説していきます。

 

重い・厚い一重におすすめのアイプチ【接着式:二重にならなかった人へ】
アイプチを使ったとしても「頑固な重い一重」の方では、なかなか二重にできない人も多いです。 このようななかなかアイプチで二重にならない方も「接着式」のアイプチを使用することで、二重にする可能性を上げられます。 ここではこの...

↑接着による二重にしたいのであればこちらの中からアイプチを選ぶといいです↑

スポンサーリンク

瞬間接着剤で二重にするのはありなのか?【アロンアルファなどで一重を二重に】

それでは以下でアロンアルファなどの瞬間接着剤にて二重にしても問題ないのかについて解説していきます。

結論から言いますと瞬間接着剤によって二重まぶたにすることは絶対にやめてください

アロンアルファなどの瞬間接着剤を用いて一重を二重にすることによって、以下のような危険性や弊害が出る可能性が高く、以下で一つずつ確認していきます。

まぶたの状態が荒れやすくなる

瞬間接着剤を用いて二重にした場合、通常使用する二重専用ののり(アイプチ)と比べて非常に肌が荒れやすくなります。

これはアロンアルファなどを始めと瞬間接着剤はプラスチックを始めとした材料につけるものであり、人の肌ににつけるものではないからです。

以下のような成分が瞬間接着剤には配合されています。

http://www.toagosei.co.jp/より引用

具体的にはアイプチではアロエなどを始めとした肌に負担がかからない成分も配合されていますが、この瞬間接着剤では「効率よく接着させる成分」しか入っていないのです。

そのため瞬間接着剤をつけて二重にすると、肌が荒れたり赤くなったりするリスクがあるので使用は控えましょう。少量でも基本的にはNGです。

強く接着されすぎ、はがれなくなる

また瞬間接着剤にて二重にした場合、はがれなくなり、むりやり剥がさなければならない状況になることもあります。

上と同様アロンアルファ等は二重にするために作られているのではなく、ものを強く接着するために製造されているからです。

軽い場合ならまだしも、接着剤の量をつけすぎると本気で剥がれなくなることもあります。そうなると病院に行って処理する必要が発生し、最悪まぶた付近を一部切除する場合もあるわけです。

そのためいくら接着力が高く「二重になりやすくて使いたい」などの理由があったとしても、やめた方がいいのです。

臭いが出る

他にも瞬間接着剤にて二重に使用とすると、独特の臭いがあなたの顔付近から出やすくなります。

一重から二重にするアイプチでは基本的に「目につけること」を前提としているので、ある程度周囲に対する匂いも考慮されて設計されています。ですが、瞬間接着剤は上で記載の通り「ものを早く、強く接着させる」ための成分でできているため独特の臭いがします。

「あの人なんか接着剤の臭いが常にする」と思われると、周囲からあまりいい印象を持たれないので注意しましょう。

自力で一重から二重になりにくくなる

当サイトでは適切な方法を継続して行えば、自力で一重から二重に慣れることを記載していますが。アロンアルファなどの瞬間接着剤にて二重にしつづけていると、自力で二重まぶたにできにくくなるというデメリットも挙げられます。

これは上の通り

・まぶたが荒れることでダメージが残る
・剥がす際にも負担が大きくあかることにより、まぶたが盛り上がったり、傷ができたりする

ためです。

傷が深く残り盛り上がるなどの状態では、どうしても「二重まぶたを形成しにくくなる」のがわかることでしょう。

そのため自力で二重になりたい気持ちが少しでもあるのであれば、瞬間接着剤で二重にするなどのまぶたに負担をかけることは絶対にやめましょう。

アロンアルファ(瞬間接着剤)でなく、適切な方法をとると自力で二重になれる

このように瞬間接着剤で二重にすることは避けてください。普段一重から二重にしたいのであれば以下のような接着式のアイプチなどを使うようにしましょう。

 

重い・厚い一重におすすめのアイプチ【接着式:二重にならなかった人へ】
アイプチを使ったとしても「頑固な重い一重」の方では、なかなか二重にできない人も多いです。 このようななかなかアイプチで二重にならない方も「接着式」のアイプチを使用することで、二重にする可能性を上げられます。 ここではこの...

 

特に重い・厚い一重の人ではこの接着式でないとアイプチでも二重にできにくい観点からもおすすめできます。

 

アイプチやアイテープの使用に抵抗がある人には「自力で一重から二重にする」のもおすすめです。これはプロフィール等で記載していますが「私自身が重い一重であったにいも関わらず自力で二重になれた経験」からも強くいえます。

自力で一重から二重になるための方法は、当サイトで詳しく記載していますがいくつか挙げるとすれば以下のようなものがあります。

・寝るとき用の二重の癖付け剤のナイトアイボーテ等を使う
・日中一人でいるときは、つまようじ、二重矯正糸など自分で二重の溝を深くする
・アイプチなどに抵抗がない人は、外出時もアイプチ等で癖づけする

などを行うといいです。

詳しくはメルマガにて配信していきますが、適切な自力で二重になるための方法を継続して実践すれば、あなたもきっと理想の二重を手に入れられるはずです。

 

まとめ アロンアルファなどで二重にするのはありなのか?【瞬間接着剤で一重を二重に】

ここでは、瞬間接着剤にて一重を二重にするのはありなのかについて確認しました。

瞬間接着剤にて一重を二重にしていると

・まぶたが荒れる
・剥がす際に大きな傷が残るリスクがある
・顔から臭いがでる
・自力で一重から二重にできにくくなる

などのデメリットがあります。

そのため

・アイプチやアイテープを使う
・自力で一重から二重にしてしまう

といいです。

一度きりの人生ですので後悔がないように、積極的に行動に移していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました