スポンサーリンク

プロフィール

こんにちは。

マイセルフタエ管理人です。

スポンサーリンク

当サイトを通してお伝えしたいこと

このサイトでは「自力で一重から二重になるための方法」を実体験を元に、出来る限り詳しく解説することをコンセプトとして情報発信しています。

自分自身(myself:マイセルフ)で二重まぶた(futae:フタエ)にするサイトなのでマイセルフタエとつけてみました笑。

※背景を読みたくない方は以下で「効率よく自力で一重から二重になる方法」を紹介していますので、参考にしてみてください。

 

 

私自身が自力で一重から二重にした背景

以下で私の背景について記載していきますね、

私自身は男性(現在30過ぎ)であり、10代の頃から「重い一重まぶた」であることに非常に強いコンプレックスを持っていました。特に周囲から何かを言われるとかそういったことではなかったのですが、自分の中で受け入れられないものがあり「いつか絶対に二重になる」と思っていました。

ただ、二重になるといっても「臆病であったこと」や「周囲からの目を気にしすぎる性格」なため、「整形によって一重から二重にする」という選択肢を考えたことはありませんでした。

整形で二重にするとリスク・コストが気になるというよりも、私の場合は「整形したという罪悪感」「周囲からの視線」が特に辛いだろうな・・とイメージしていたともいえます。

特に男性であるため化粧で隠せないことから、整形だとバレる可能性が高くなり、一重であること以上にびくびくして生きていってしまうと感じていましたね。

このような流れから「自力で一重から二重にする」と決断したわけです。というのも「母親は20歳頃に自然に一重から二重になった」という話を聞いていたため、何かしらの行動を起こせば自分も自力で二重にできるという、根拠のない自身があったことも上の決心をした理由の一つです。

 

結論からいってしまうと上の決断をして自力で二重になるための行動を実際におこし始めてから

・約2~3ヶ月ほどで1日のおおよその時間を二重をキープできるようになり(寝過ぎた時、むくんだ時などにときどき一重になるイメージ)

・約半年で目の状態を気にしなくてもほぼ二重が定着

・約1年ほどで何も意識していなくても自分が思う完全に理想的な二重

になれました。元が「重い一重まぶた」だったにも関わらずです。

 

これを達成した流れは

①情報収集
②良さそうと感じたものを片っ端から試していく
③実際に効果が期待できそうと感じたものを継続
④自分なりのアレンジ
⑤上をとにかく継続する

というステップで実行しました。以下で詳しく確認していきましょう。

 

①情報収集

自力で一重から二重にする中で、まずは二重に関する情報を多く確認したわけですが、結局のところ二重と一重の違いとしては

・二重の線の癖がついているかどうか
・上まぶたの筋肉(眼輪筋)が発達しているかどうか
・まぶたが薄いかどうか

が重要であることがわかりました。結局は遺伝云々ではなく、目の構造上の違いなわけです。

そしてこの構造も「誰でも変えられる」もののため「誰でも一重から二重に自力で変化させられる」のです。

そのため、上の条件を満たしていけば「誰でも自力で一重から二重になれる」と確信できた、実際に行動に移していきました。

 

②良さそうと感じたものを片っ端から試していく

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました