スポンサーリンク

自力で二重になる方法

このページでは「昔は厚い一重まぶただったのに自力で完全に二重になれた私」がおすすめする「自力で二重になるための効果が高い方法」について解説していきます。

もちろん「どのような人であっても100%効果が短期間ででる」方法というものは存在しないため、あなたが気になる項目のみを参考にしていただくといいです。

すべて実践しなくても自力で一重から二重にすることができますので「あなたに合いそう・続けられそう」と感じたものに取り組んでみてください。

※ここでおすすめしている方法以外にも当サイトでは自力で二重になる方法を紹介していますので是非チェックしてくださいね。

スポンサーリンク

おすすめの自力で一重から二重になる方法

それではおすすめの自力で二重になる方法を確認していきます(ランキング形式ではありません)。

痩せる(ダイエット)する

「自力で一重から二重になりたい」と思っており、もしあなたが「まぶたが厚め」の場合には痩せることは必須です。

私自身も痛感していますが、まぶたの厚み・むくみは本当に二重になるのを妨げますので、まずは「二重にする」覚悟が決まっているのであれば、ここは押さえましょう。

当サイトではダイエットの方法については紹介していませんが、私の場合では

・ゆるく糖質オフ
・有酸素運動+筋トレを出来る限り行う
・野菜・肉類から先にたべ、その後に糖質の高いものを食べる

あたりを徹底していました。もちろんあなたに合った方法を見つけ、それを継続するといいのですが、何としても二重になるためには痩せましょう。

きついことも多々あると思いますが、私も応援しています。

 

寝るときは夜用アイプチ(ナイトアイボーテ等)で二重の癖付けを行う

ナイトアイボーテをはじめとした夜につける二重の癖付剤も「自力で一重から二重になる」には使った方がいいです。



自力で二重にするためにはどうしても「二重の癖付けを出来る限り多くの時間で行う」必要がでてきます。そのため寝ている時間にも二重の癖付けを行った方が明らかに自力で二重になる速度が加速するのは間違いありません。

単純に

・夜に寝ている7~8時間を何もしないのと
・寝ている時にも二重の癖付けを徹底する

のでは大きな時間の差が生まれるのが容易にわかります。1週間で49~56時間の違いになりますからね。

特に私のように「昼間にアイプチを使用しているのをばれたくないのであまり使用したくない」「勝手に自然に二重になった理由づけしたい」方にはおすすめできます。

なお夜用アイプチとしてはナイトアイボーテ等が有名ですが、選定のポイントとしては「炎症が起こらないこと」を優先するといいです。いくら癖付けがしやすそうと感じられても、まぶたがはれたり、赤くなったりしていては、長い目で見た時に「二重の癖付けが長続きできない」場合があるためです。

この時人の肌は製品との相性が必ずあるため、いくつかの製品を試してみてあなたにあったものを見つけてみてください。きっとうまくいくはずです。

 

ナイトアイボーテの詳細はこちら

 

他の自力で二重になる方法(つまようじ等で二重にする)を暇さえあれば行う

上のような寝ている時間だけではなく、もちろん日中も二重になるための癖付けを行うといいです。

このとき個人的におすすめなのは「つまようじやヘアピンにて二重の線の癖付けする」ことです。

爪楊枝やヘアピンで二重まぶたにするやり方・期間は?寝るときに固定して使ってもいいのか?斜視になる危険は?【自力で一重から二重にする】
どんな方でも容姿に対する何かしらのコンプレックスを持っているものですが、その中でも目に関して悩んでいる人の割合はとても多いです。 特に「一重まぶたで目が小さい」ことに対してつらいと感じる人はたくさんいるといえます。 そのため一重...

この方法の詳細は上のリンクにて詳しく説明していますが、

・細かい部分まで癖づけできる(目尻や目頭などの癖がつきにくいところも)
・比較的強めに癖をつけられるため、二重に短期間でなりやすい

と実感できているのが理由です。

ただ、デメリットとして強く癖付けしすぎ、炎症を起こしやすいこともあるので慣れるまでは慎重に行うといいです。

自分で常にまぶたを刺激するのが怖い人は、よりマイルドな二重矯正糸を使ってみたり、上述の夜用アイプチやアイプチ自体を使ったり、爪での癖付け等を行うといいです。

あなたに適した方法を見つけていきましょう。

 

外出時にもアイプチ・アイテープを使用する

なお、アイプチ・アイテープを使用して人と会うことに抵抗がない人の場合は、積極的に活用するといいです。

人と会う時間も二重の癖付けができるため、より効率的に自力で二重になれるためです。

ただ個人的には「アイプチだとばれるリスクがある」「常に目を気にするような習慣がついてしまう」というデメリットもあるので、そこが気にならない方にはおすすめです。

 

出来る限りむくまないようにする(むくんだ時間を減らす)

最も上に記載したような痩せることだけでなく、二重になりにくくなる要素の「まぶたの厚さ・重さ」はむくみによっても生じます。

そのため

・寝過ぎ
・塩分・糖質の過剰摂取
・アルコールの過剰摂取
・泣きすぎ
・姿勢が悪い状態で長時間すごすこと

などはできるかぎり避けましょう。

目を含めて顔は非常にむくみやすい場所でもあるので「自力で二重になる」には、痩せるだけでなく、むくんでいる時間をなるべく減らすのも重要となるのです。

他にも水分をたくさんとる、ストレッチ・運動などで血行を促進させるなどもむくみ軽減(容易に二重にする)におすすめなので継続して行っていくといいです。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました